新潟市民葬祭 コンセプト

新潟市民葬祭は、「お金でなく心で送る追悼の創作セレモニー」をコンセプトに、必要なものだけご用意することで料金を抑え、新潟市中央区・西区…にて、従来の低価格・格安の葬儀/葬式/家族葬とは異なる創作セレモニーを行っております。出来るだけ“手作り”にこだわり、故人様の“人となり”をご会葬者様どなた様が来ても伝わるようご葬儀をサポートします。

価格を抑えるポイント
【必要なものだけ用意する】

葬儀は知識がないご家族からしてみたら、葬儀社に任せっきり、が当たり前となります。よく料金表も確認しないで膨大な額の請求書があとから送られてきたというのはよくある話です。

今の時代は事前に葬儀について決めたり、予算を決めたり、“死”について考え、用意している方達が増加しています。葬儀はそもそも心で行うものであり、お金をかけるものではありません。

新潟市民葬祭ではお金がなくても心でおくる葬儀をコンセプトにしておりますので、本当に必要なものだけご用意させて頂きます。

 
【ご導師様への謝礼】
ご導師様の謝礼は大きく3つございます。

御布施 ⇒ 通夜、告別式の読経・戒名 平均 30万~50万
御車代 ⇒ 通夜、告別式、法要時にお車で越し頂いた場合にお渡しするもの 平均5千円~1万
御膳代 ⇒ 通夜振舞い、精進落とし、の料理を辞退された場合にお渡しするもの  平均5千円~1万

御布施で百万円とか数百万を提示され負担になり困ったとご相談に来るご家族も全国的に増えてきております。新潟市民葬祭では御家族様の今後の生活を第一に考え、たくさん包めない等ご希望があれば御導師様への御布施を出来るだけ抑えられるようお話しすることもできますお布施に100万包んでも10万円包んでも故人様が逝くところは変わりません。

しかしご導師様もお寺を運営されている関係上、たくさん頂いた方が助かるのは事実です。しかしながら無理に相場に合わせてたくさん包む必要もありません。お布施についてはとてもデリケートな問題です。葬儀社である私達がとやかく言うことではありませんが、私達の想いに共感して頂いている僧侶様も事実いらっしゃいます。

まずはお気軽にご相談ください。また、菩提寺がない、御導師様の知り合いがいない、などについても新潟市民葬祭で良心的な御導師様をご紹介できます。

 
【料理について】

地域によっては近所の方達がお手伝いさいて頂いて会葬者をおもてなしする場合もございますが、通常は料理業者に任せするケースがほとんどです。任せるといっても葬儀社が全て手配します。

現在、通夜振舞いではオードブル形式、精進落としや忌明けでは個人盛り御膳が多くなってきます。しかし、ご葬儀に関連する料理について、参加人数が把握できず足りない場合や余ることもあります。もったいないと同時にすでに注文してしまったものは料金が発生してしまいます。

新潟市民葬祭では個人盛り御膳もご用意できますが、出来るだけ費用を抑えながら、予算に合わせちょうどいい料理プランをご案内させて頂くことも可能です。もちろんご家族でご用意して頂いても構いません。

少人数でのご葬儀であれば尚更、ご家族で料理を手配するのが一番費用を抑えられます。 青山斎場には業務用にキッチンがありますので、自由に使用できます。

 
【返礼品について】

新潟では返礼品をお通夜のときに会葬者様にその場で御返しする “即日返し”が主流となります。ただし、御香典の金額が大きい場合は、後日、“香典返し”として金額の3分の1程度の品をお送りする場合がございます。また、精進落としの際、参加された方達に3000円~5000円程度の引き出物をお持ち返り頂くことも慣例となっています。

他人様や人様へのねぎらいやおもてなしの心が強い新潟県民はこうした“御返し”の部分に費用をかけてしまう傾向がございます。しかし、全国的にはこのような“引き出物”をわざわざ用意することはあまりありません。返礼品(香典返し)もお渡ししますし、“おとき”等の料理で十分という考え方が全国的には多いようです。

 
【祭壇は花祭壇・斎場は公営斎場を使う】

白木の祭壇は原価数十万のものから数百万円のものまでございます。通常の葬儀社は、自分達のセレモニーホールにこのような祭壇を仕入れ、使いまわします。当然利益をとる為に葬儀費用に上乗せされ、ホールの維持費も葬儀費用に上乗せされます。

私達は立派な祭壇も組立式でご用意できますが、手間やコストを考え、芸能人の利用も多い花祭壇をお勧めしています。花祭壇であれば費用も抑えられますし、使用したお花は 最後に棺に入れられますし残ったお花も参列者にお配りできます。

また斎場も、公営斎場を使用しますので、利用にあたり低価格で済みます。お通夜、告別式、通夜振舞い、おとき、宿泊施設もあり、火葬場も直結です。

“葬儀”を創る。創作セレモニーという考え方。お金ではなく心で送る、追悼の創作セレモニー。
新潟市民葬祭は、故人らしいご葬儀を形にし、お金ではなく心で送る追悼のセレモニーを新潟市中央区・西区…にてご提案しています。従来の低価格・格安の葬儀/葬式/家族葬とは異なる"創作セレモニー"となります。
【創作セレモニー(創葬祭)とは】

「今までたくさん葬儀に参列したけれど、どこの葬儀も同じ印象だ」「お決まりの通夜、告別式では故人の“人となり”が伝わらない」「葬儀社に全て任せていたら、請求書の金額の高さに驚いた」「悲しむ間もなく葬儀があっという間に過ぎてしまった」「葬儀の知識がないので葬儀社に言われるがままだった」・・・

ご葬儀に関わり、このような想いを頂いたことはありませんか?

私達新潟市民葬祭では、故人の“生き様”そして“人となり”をご会葬者にお伝えできるよう葬儀をサポートさせて頂き、“お金ではなく、心で送る追悼の創作セレモニー”をご提案しています。

故人の“生き様”や“人となり”をご会葬者様に触れて、知って頂くことでより心からのお見送りができると考えています。しきたりや決まり事も大切ですが、型にはまっただけのご葬儀では故人を知らずして葬儀が終わってしまう可能性があります。

葬儀には生前お付き合いがあった方やご縁があった方がご会葬に訪れます。近しき家族や親族ですら知らなかったお付き合いのある方がお見えになる場合もあります。出来るだけお金をかけず故人の“人となり”がにじみ出ているようなご葬儀を新潟市民葬祭では全力でサポートします。

 
【新潟市民葬祭特徴】

あくまでも葬儀の中心は故人でありご家族様です。なんでも葬儀社に任せるのではなく、自分達の手で故人のお見送りの準備をしていくこともまた故人のためであり、残されたご家族様の心も同時に癒していくのです。

何もしないでジッとしながら葬儀を終えるよりも、自分達の手で故人の為に出来ることは自分達で行うことがなによりの供養ではないでしょうか。

ご会葬者様すべての方が故人の“人となり”に触れる感動のセレモニーを私達と一緒に作り上げませんか?

創作セレモニーの一部をご紹介
【事例:人生プロフィール】

故人の人生プロフィールをお作りし、ご会葬者様皆様に見て頂きます。中には「とても人様にお伝えできるような人生なんて・・・」とお思いになるご家族様もいらっしゃいます。考えはそれぞれありますが、それでも確かに歩まれた道のり、お繋がりやご縁で生涯を全うされたのもまた事実です。

プロフィールは簡単なものでもいいと思います。どこに生まれ、どのように育ち、どのようなお仕事に情熱をかけ、何が好きで、どんな思いで人生を歩まれてきたのか、ご参列頂いた方というのは故人とご縁のあった方々です。故人の人生観や軌跡をきっと知りたいと願っているはずです。

ご葬儀という最後の旅立ちに備え、お別れお悔やみを告げに来て頂いた方への最後のメッセージも含めまして故人生前のプロフィールを御作りしてはいかがでしょうか。

 
【事例:お別れメッセージ】

ご葬儀には生前ご縁があった方達がご会葬に訪れます。近しき御家族でも故人が周囲にどのような影響を与えていたのか、分からないこともあります。ご家族が知らないだけで命の恩人になっていることだってあるでしょう。
「○○様のおかげで仕事が順調にいった」「○○様のおかげで 伴侶に出会えた」「○○様のおかげで人生あきらめなかった」等、故人の人生において関わった方達の人生に光を射していたとしたら、それはご家族様にとってこのうえない喜びではないでしょうか。

こちらもお金をかけず簡単なものでいいのです。大切なのは“想い”です。ただご焼香を上げて終わりではなく、一言でもいいので故人を偲び感謝の言葉やお別れの言葉をお示し頂くこともまた故人の旅立ち、浄土への土産となりましょう。

 
【事例:思い出コーナー】

こちらには故人の生前を表現した“お品物”を展示します。お写真もそうですが、好きだったものや興味があったもの、故人が思い出として残されたお品物の数々を展示させて頂き、ご会葬者様に生前の故人を偲んで頂きます。

 
【事例:葬儀の進行をご縁のある方に依頼】

通常、葬儀の進行はプロの司会者が執り行います。葬儀社のスタッフがほとんど手掛ける場合がほとんどでしょう。しかしそれもまた人件費がかかり葬儀費用がかさむ原因があります。

新潟市民葬祭はできるだけ“自分達で出来ることは自分達で行う”ということを大切にしているので葬儀の進行を故人とご縁の深い方へお願いすることあります。当然、強制ではなく私達が進行を執り行うこともできます。葬儀の進行は読経をあげる僧侶様との連携やインフォメーション等が大切になりますが、私達がそれをしっかりサポート致します。

他人の私達が進行を務めるよりも、故人とゆかりある方が葬儀進行を執り行うことでより気持ちのこもった葬儀が行えるのではないでしょうか。

一昔前は葬儀進行もそうですが、葬儀自体をご家族とご近所の方達で執り行われていました。本来はそこに葬儀社は必要なかった訳です。時代の流れと共に葬儀の知識や伝統を知っている方が少なくなり、いつしか葬儀社が誕生し、それらを全て執り行うようになりました。

重ねてお伝えしたいのはご葬儀の中心は故人であり、ご家族様です。悲しみに打ちひしがれているさなか、葬儀の段取りを行うことはできない方もおられると思いますが、何もしないでお過ごしになるよりも、故人を偲び葬儀を創り上げていくことの方が気持ちも紛れ心も落ち着いていくものと思います。

 
【事例:五感の演出】

人は五感によって物事を感じ記憶していくと言われています。頭ではずっと忘れていたことも、懐かしい香りや懐かしい音楽、懐かしい情景に触れることで五感が刺激されあの頃の記憶や思い出がよみがえります。

故人が愛用していた香りや音楽、そして思い出の数々、宗旨宗派によって又は僧侶様へのご配慮は必要ですが、故人の再現を心懐かしく感じて頂ければ幸いです。

具体的には思い出コーナーと合わせて故人の好きな香りを使用したり、故人が好きな音楽を流したりします。葬儀進行に差支えないが出ないように演出致しますのでご安心ください。

 
【従来の低価格・格安のお葬式とは異なる創作セレモニーをご一緒に!!】
新潟市中央区・西区…の皆様、ご会葬者様すべての方が故人の“人となり”に触れる、従来の低価格・格安の葬儀/葬式/家族葬とは異なる創作セレモニーを私達と一緒に作り上げましょう。

新潟市民葬祭

"新潟市民葬祭"は、お金ではなく、心で送る追悼の家族葬・創作葬儀(新潟市西区 青山斎場にて、8.8万円から)をご提案しております。昔ながらのご家族が中心のお葬式、ご家族が主導の葬儀を私達がご提案しています。必要なものを必要なときに、必要な分だけでご用意します。